設備紹介
Facility

検査設備

OCT(光干渉断層計) 眼底カメラ一体型

オートレフケラトメーター
(屈折度・角膜曲率半径測定装置)

自動的に近視・遠視・乱視の程度を測定します。
同時に角膜のカーブも測定できるので、コンタクトレンズ処方の際の参考にします。

自動視野計

ノンコンタクトトノメーター
(非接触眼圧計)

眼圧(眼の硬さ)を測定します。
高眼圧症や緑内障、虹彩毛様体炎などの診療に役立てます。

視力計

視力計

眼科の検査に欠かせない視力検査を行う装置です。
あらゆる眼の病気の早期発見にとても重要です。

細隙灯顕微鏡(スリットランプ)

細隙灯顕微鏡(スリットランプ)

眼に光をあて、拡大して観察するための器具です。
まぶたや眼の表面から眼底までみることが出来ます。
モニター付きなので、患者様の眼の様子を必要に応じて大きな画面に映し出してご説明いたします。


手持ちスリットランプ

手持ちスリットランプ

小さなお子様や車いすの方でも無理なくまぶたや眼の表面を診察することが出来ます。

※以下は差し替え前のテンプレートです